無料ブログはココログ

  • 高槻駅前の飲み屋にて

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年11月19日 (日)

六甲全山

[山行記録] 
11/12
六甲全山縦走56Kmに行ってきました。
メンバーは最くん、ミキさん、聖子さん、梅安さん、森田先生(途中合流)、安部チャン
の6人です。
さて、今回は朝が早いので、梅安さんのお宅に前夜からお邪魔しての集合です。
前日の午後7時に西明石集合でした。
駅前の魚民で前夜祭をして、
でも、みんな明日のことがあるので、かなりアルコールをセーブして
専ら食べることに専念しておりましたねえ。
小生も中ジョッキー2杯で止めておきました。
それから、コンビニで明日の朝と昼飯を買出しして、
梅安さんのお宅に伺いました。
明日の朝が早いので、コーヒーを1杯よばれてImgp0765_1
皆すぐ寝ることにしました。
最くんはかわいそうに一人布団が足りないので寝袋です。
翌日4時起床です。
眠たいですが頑張っておきました。
さあ、今日はいよいよ14~15時間歩かねばならない全山縦走56Km
の始まりです。
ソウソウに朝食を済ませ。
須磨浦公園5時50分スタートです。
夜明けはまだなので、暗いなかのスタートでした。
まず、驚いたんは須磨アルプスの手前での渋滞です。
山道の途中でとまってしまい。約30~40分動きません。
最初なんで止まるのか解らず、なんでやろーと推測していたんですが、
鎖場が1箇所あると、なんせ2000人が同じコースを歩くので、
そこで起こった渋滞が延々つづくんすねえ。
これは、大変ということがやっと解りましたImgp0768_1
マイペースでは歩けナインですねえ。
ヒヨドリ越えの駅を過ぎたところで、
7時に出発した森田先生に追いつかれました。
やっと最初のチェックポイント菊水山に到着です。Imgp0770
11時15分でした。
ここで、昼食を取り全員揃っての写真をとりました。
まだまだ、先は長いですねえ。Imgp0773_1
次の難関は麻耶山の登りです。
約1時間の登りですねえ。
第2チェックポイント麻耶山頂上には14時23分につきました。
登りで大分メンバーに差がつき頂上に着いた時には、
森田先生を見つけられませんでした。先を急いだのでしょう。
(後できくと頂上にいたようなんですが・・・・・・・)
一応苦しい登りはここまでなんですが、
ここから最高峰までのダラダラ登りの長いこと。Imgp0776_1
約2時間半かかります。
第3チェックポイント東六甲縦走路分岐点到着17時21分
ここで、暗くなってきたので全員ヘッドランプをつけました。
ここからはヘッドランプたよりの山歩きなので、ペースはあがりません。
途中で、小生のヘッドランプの電池が切れたので、
交換のため全員ストップしてもらったんですが、
そこで、ハプニングが起こりました。
さあ、電池交換が済んで出発しようとした時
梅安さんが見当たりません。
多分、暗いので少し離れると、止まったのを見落とす
可能性があるので、先に行ってしまったんやろう。
ということで、先を急ぎました。
そして、塩尾寺に着いて携帯が届くようになったので、
梅安さんに電話したんですが、電波の届かない所とのメッセージが流れています。
ええ、まだ山の中にいるの?という心配が起こりました。
しばらく、下山者を見送って梅安さんをまったんですが、
降りてきません。
皆で、いろいろ想像を巡らして考えたんですが、
ひょっとして、電池が切れたんではないか?
との結論になり、先を急ぐことにしました。
はたして、ゴールがあと50mと目の前になった時
梅安さんがゴール手前の交差点に立っているではありませんか。
全員で手を振って、梅安さんの歓迎に答えましたとさ。
また、先に到着した、森田先生も風呂に入って、おでんで一杯やって
待っていてくれました。
全員無事ゴールできてよかったねえ。Imgp0783_1
到着時間は20時50分 チョウド15時間00分の縦走でした。
あ^あ、ほんとーーーーに、長くて、さむかった全山縦走でした。
「これは一回でええわ」、と思った小生でありました。
                     by AZAMI Abe

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31