無料ブログはココログ

  • 高槻駅前の飲み屋にて

« 連休に穂高に行ってきましたNO.2! | トップページ | 金比羅さん »

2008年8月 3日 (日)

台高 薊岳の沢登りに行ってきました!!

Imgp1364 Imgp1361 Imgp1363 Imgp1366
7/26 ~ 7/27の休みに
台高山脈 薊岳の石ヶ平谷の沢登りに行ってきました!!
メンバーは最くん、梅安さん、ミキさん、聖子さん、小生の5人です。
今回は初めて、沢の途中で1泊する予定の山行です。
どんなハプニングが起こるか?
乞う!ご期待下さい。
まず問題は、荷物の軽量化でした。
缶ビールの2本は絶対に削れないので、
小生は、寒さには強いという自信があったので、防寒具を最少限に減らしました。
これが、いけなかったんですが・・・・・・・・
集合は小生の家の最寄駅で地下鉄西長堀駅です。
近くのマツダレンタカーでファミリアのバンを借りまして、
最くんに運転をお願いして、午前8時いざ、出発です。
南阪奈道路という新しい道を通って行ったので、
結構早く大叉に到着しました。
石ヶ平谷の入り口が解りにくかったので、チョットうろうろしましたが、
ミキさんがうまく対岸へ渡る橋を見つけてくれました。
ここで、荷物と4人が下車して、
最くんに林道の終点まで車を置きに行ってもらいました。
これが、結構遠かったみたいで、帰って来るのに少し時間がありました。
  (最くんありがとう)
さあ、ここからワラジとハーネスをつけて沢登りの始まりです。
石ヶ平谷出会い 7/26 11時45分出発
Imgp1358 Imgp1359 Imgp1360
最初はガイドブックのとおりで、2m,5m,二段4mとかわいい滝が
連続して続きすべてノーザイルで快適に登って行けました。
この沢の前半の核心部3段20m,2段20mと
大きな滝が連続して現れる場所では、
最くんにザイルを出してもらって、
聖子さん、ミキさん、梅安さん、小生の順で4人が順番に繋がって、
登っていきました。
Imgp1365 Imgp1367   Imgp1362_2
二つ目の二条4mの滝到着 13時46分
このあと、2m,3m,2m,3m,4m,4m,2m
と小滝が連続して続き、
やがて、14時21分に一つ目の堰堤に到着しましたので、
この堰堤の上部を今夜のネグラと決めました。
雨よけのためにツエルトをザイルで屋根状に張って、
その下に荷物を置きました。
釣り道具を持って行っていたので、
16時まで、最くんと小生でイワナ釣りを楽しみました。
エサのミミズを買うの忘れたので、ソーセージをエサで最初やってみたんですが、
全くあたりがありません、今日はあかんなあと諦めかけていた時、
ミキさんが、ナ、ナ、ナント!!!ミミズを見つけてきてくれたのであります。
エサをミミズに変えてやってみると、当たりがきました。(ミキさんありがとう)
小生はアセッテ早合わせしてしまい、バラしてしまいました。
残念、チクショー、mu,mu,mu!!!
最くんは粘って、粘ってイワナを1匹ゲットしました。
やりましたねえ、おめでとう!!!
ここで一言、言い訳をさせてもらいますと、
小生の使っていたのは、バス釣り用の硬い短い竿なので、
当たりが解りにくかったんですわ。(腕の差ではありません)
今夜の夕食は、カレーライスと冷やしソーメンという
何とも風変わりなメニューなんですが、
小生は昔から,沢に行くと必ず冷やしソーメンという
ことに、こだわっていましたので、
簡単メニューのカレーライスとこだわりの冷やしソーメンを
ドッキングさせた訳ですわ。
さっき、最くんが釣ったイワナも焚き火で焼いて、
ソーメン汁を着けてみんなで食べましたが、
これが、ビックリするほど美味しかったですわ。(最くんありがとう)
Imgp1368_2 Imgp1369  
あたりはヒグラシの鳴く声が聞こえて、とても涼しかったですわ。
ビールと梅安さんの紹興酒と最くんのいも焼酎を飲みながら
焚き火を囲んで山の話に夜が更けてきました。
明日は3時起床と決まったので、午後9時ころ
焚き火を消して、野宿状態で寝床にはいったんですが・・・・・・・・・
ここからが大変でした。
最初はアルコールの酔いも回って、気持ちよく眠りに着いた小生でありましたが、
なんと、12時に1回目寒くて目が覚めたんですが、
その後1時、2時と1時間おきに目が覚めるんですわ。
また、2時からは寒くて全く眠れません、3時までの1時間の長かったこと。
5分おきに時計を見ていましたわ。
そして、小生だけが寒かったと思って我慢していたんですが、
何と、後で聞くと最くんを除くあとの3人も寒くて眠れなかったとのこと。
夏山で寒くて眠れなかったのは今回が初めてですが、
それやったら、もっと早く起こしたら良かったと、後悔する小生でありました。
3時まで我慢して、待望の起床です。
朝食はパンとコーヒーとクッキーという簡単メニューです。
お湯を沸かして暖かいコーヒーと紅茶を入れて、
さあ、出発なんですが、
谷の中なのでなかなか夜が明けてくれません。
やっと、5時20分周囲が明るくなってきたので、
出発となりました。
二日目は、この沢の核心部なので、大変期待していたのですが、
なんの、なんの、10数年前に来たときと様子が全く変わってしまっていました。
残念ですmu,mu,mu,・・・・・・・・・・・・・・
あまりに気分が悪いので書きたくありませんが、
簡単に少しだけ書いておきます。
忠告
[皆さんもう薊岳石ヶ平谷の沢登りには行かない方がいいですよ。]
このあと、谷の両側の杉林が伐採されていて、その材木が谷を覆っており、
沢登りというよりも、フィールドアスレチック状態で木を潜ったり、跨いだりしながら
横倒しになった、木を超えて行かねばなりません。
ほとんどの滝は木に隠れてしまい2時間で滝は2,3本しか登れませんでした。
ひどい状態ですわ。
ここで、ハプニングです!!
途中なんでもない滝の乗り越えで、小生が足を滑らし
2m程転落し、右の太股を思いっきり打ってしまいました。
一瞬痛くて動けない状態です。皆に声をかけて待ってもらいました。
皆さん、心配させて御免なさい。
最近こういうのが、小生多いのです。
油断は禁物ですねえ。反省します。
Imgp1371_2 Imgp1372
15mの滝 午前7時30分到着
これはとても手に負えないので右側を巻く、
谷も終盤になり水量も少なくなってきたので、
たぶん三俣らしいとこで、全員水筒に水を汲んだ、
午前8時15分 右端の沢が一番大きいのでそれを詰める。
この当たりから倒木はなくなるが、変わってハエとアブが顔や手に纏わりつく、
非常に鬱陶しい状態である。
樹林帯の中、尾根の途中で休憩 午前9時到着
ハエとアブは相変わらず纏わりついてくる。
沢に戻ると、さらにハエとアブはひどくなってくる。
ついに、ミキさんの口の中までハエが入ってきた。
気管に入ったみたいで、咳が止まらない、苦しそうである。
なんと、いまいましいハエであることか、
誰かキンチョール持ってきてくれーーーーーーー!!!!!
午前10時7分、約2時間の長いハエとの苦闘の末、
ついに薊岳の頂上に着いた。
わが会と同じ名前の山なので、標識を入れて記念撮影をした。
Imgp1377 Imgp1378
ヤッターであるが、頂上についても
風があるのですこし少なくはなったが、
ヤッパリ、ハエは纏わりついてきた。
ほんま、鬱陶しいハエである。
ハエをオッパライながら、ヌルイ水羊羹を食べたが、
腹ペコだったので、美味しかったです。10時45分出発
Imgp1379 Imgp1381 Imgp1382 
11時50分 明神平着
ここは、きれいな草原が眼下に広がっており、景色は抜群であったが、
ヤッパリ ハエが多いのと暑さに閉口した。
水を体に補給してさあ、出発である。 あついーーー!!
ここには、天理大学の新しい山小屋ができていた。(一般の宿泊不可)
ここからは、下りだけなので、楽チンと思ったのが大間違いであった。
さっき、打った太股の打撲傷が下るとビンビン響いて、ユックリしか下れない。
ダラダラのツヅラ折れなので、なかなか高度が下がらない。
まだかまだか?と思って下っていくと、
なんと2時間もかかってしまった。 
林道終点13時40分到着小休止 水筒を出す元気ナシ ひっじょーうにアツイ!!!
駐車場到着14時2分 倒木、ハエ、暑さ、痛みに苦しめられた山行がヤット終わった。
本日の行動時間  8時間42分皆さん本当にお疲れ様でした。
途中、やはた温泉(500円)でお風呂に入って、
レンタカーを返してから、
最くんの500円引きのサービス券を使ってもらって、
天王寺のアポロビルの屋上のビアーガーデン(飲み放題、食べ放題)に行きましたが、
皆さんチョット、疲れ過ぎてて、ビールが進まなかったようですねえ。
残念!!!!
8月はお休みで、
9月は28日に京都の金比羅山に久しぶりに行こうということを決めて、(主催者は梅安さんです。)
帰路に着きました。
                               by AZAMI Abechanでした。

« 連休に穂高に行ってきましたNO.2! | トップページ | 金比羅さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25962/22746033

この記事へのトラックバック一覧です: 台高 薊岳の沢登りに行ってきました!!:

« 連休に穂高に行ってきましたNO.2! | トップページ | 金比羅さん »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31