無料ブログはココログ

  • 高槻駅前の飲み屋にて

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月27日 (土)

万博クロカンに行ってきました!!

今回はミキさん執筆の万博クロカンの記録です。
> 少し長いですが、ご期待下さい。
> 参加者はミキさん、聖子さん、ナベさん、ワンさん、梅安さん、最くん、小生の7人です。
>
>>   メリークリスマス!!(このメールは25日に発信されていますので)
>>Imgp1551_2 Imgp1553_2 Imgp1545_2
>>  今回の万博クロカンの報告は、私、ミキが担当させて頂きます。
>>  今回の目玉は何と言っても謎の?インターナショナルな美女の参加。
>>  薊のおっちゃん達は先週の大池地獄谷の時から既にテンションはハイ状態。
>>  さて、どうなりますか・・・。
>>
>>  11月23日(祝)晴れ 9時半、JR茨木駅に前日飲んだくれて来るかどうかもわからないM氏を除くチーム薊のメンバー4名が揃う。そこからは梅安さんでも?絶対に迷わない一本道をウォーミングアップを兼ねた約30分のウォーキングである。
>> 結構なペースで歩いたつもりが結局10時に競技場に到着。最終集合場所には既に王(ワン)ちゃんが一人で心細そうには見えなかったが待っていた。先に来ているはずの渡邊ちゃん の姿は見当たらず。とりあえ
>> ず、 おっちゃん二人と王ちゃんは初対面の挨拶を交わし受付を終え荷物を置くために5人はスタンドへ移動。
>>  ここで少し王ちゃんについて触れておこう。
>>  王ちゃんは、聖子のダンナの会社の同僚で、今年そのダンナに誘われいきなり淀川マラソンのハーフに初挑戦したと言う大胆な中国三世の女性である。打ち上げに合流した渡邊ちゃんと私が更に煽ってしまったのか?今回のクロカン、次回の信太山と次々にエントリーして、彼女の勢いは誰にも止められないと言う感じ。恐るべきうわばみ女!言っちゃった!!
>>  本題に戻って、そのうち渡邊チャンも現れ、今回5キロに初めて挑戦する王ちゃんと聖子は10時半のスタートに備えてグランドへ。安部さんと私は二人のスタート直後の勇士を撮るべくベストポイントでスタンバイ。手を振る二人、気合の入る安部さん、アングルばっちしでカシャ!!あれ?カメラ光らず。何故?早くから構え過ぎ、電源オフに。安部さんって、素敵!!
>>  二人を見送り、私達もアップをしようと梅安さんを捜すが見当たらず。何処でタバコ吸ってんねん!仕方なく二人でアップをし始めると、スタンドに飲んだくれM氏の姿が。やっぱり現れたか最さん!いくら前日何時まで飲もうとも私は絶対来ると思ってましたよ!王ちゃんに会いにね!
>> 責任感の強い安部さん、ゴールでは今度こそ写真を撮ろうとゴール前でスタンバイ。先ず、30分過ぎに聖子の余裕のありそうな姿が。何でせっかく買ったランニングタイツ隠して走ったん?
>> 40分位に、王ちゃんが笑いながらゴール。何で笑いながら走れんの?恐るべし、王ちゃん!
>> やっと、メンバー7名が顔を合わせ、10キロを走る安部さん、梅安さん、最さん、渡邊ちゃんと私は、スタート位置へ。私達の3分前に、渡邊ちゃんに追いつかれるのを気にしながらおっちゃん三人がスタートし、私達二人もスタートへ。競技場を半周し東口から公園内に入り太陽の塔の後ろを回りこみ小山を越えてもみじ川を渡り、せせらぎ広場のぐちゃぐちゃの芝生の上を走り、万葉の里に出て森の舞台を迂回し、西大路広場辺りで給水して気を取り直し花の丘の階段を駆け上がると視界が一気に広がり絶景、なのに折角の景色を楽しむことなく下ってしばらく走った3キロ辺り、あ~しんど!!「ミキさん!」と、前方から梅安さんと走る最さんに声を掛けられ、思わず「何、してんのん?」やっぱり、昨夜のお酒が残ってる?私は後ろ髪を引かれず通り過ぎる 。自然学習の森、上津道を走って茶摘の里を経て太陽の塔のすぐ後ろを通り
>> すぎ上の広場を駆け上がって鉄鋼館の裏から小山を越えて東の広場の芝生の上を走って東口へ。これで5キロ。あともう1周。勘弁して~っ!!王ちゃん、聖子、よく走った!偉いよ!!よくやった!!!
>>  こうして、5人それぞれ無事完走した結果は、安部さんは老いに逆行してタイムを更新し51分。万博クロカン初参加の梅安さんはレース直前までたばこを吸っていたにもかかわらず65分と健闘。お酒の残った赤ら顔の最さんは8キロ過ぎで私を抜き返し60分。いつもダントツ入賞狙いの渡邊ちゃんは何と45分、またまた7位とは惜しかったっ!!そして15キロの肉布団を纏った私は58分。みんな、良く頑張った!!お疲れさん!!
>>  このあと、万博おゆばで汗を流した7名は千里中央に場所を移し、居酒屋に腰を落ち着けて飲みまくるのである。今回、最さんに加え底無しの王ちゃんを迎え密かに割り勘を恐れていた私。心配の甲斐もなく一人三千円ですんだのが???ですが、おっちゃん達も上機嫌、王ちゃんにも楽しんでもらえたようで、つぎの信太山でも期待されてしまいました。お手柔らかに!!
>>  予想外に長くなってしまってごめんなさい。みなさん、良いお年をお迎えくださいね!来年もよろしくお願いしま~す!!
>>                                            ミキでした。
>

2008年12月21日 (日)

六甲大池地獄谷に行ってきました!!!

Imgp1523 六甲大池地獄谷に行ってきました!!!
今回は、梅安さんに記録をお願いしましたので、
梅安さんからのメールを転送します。
年末忙しいですね。会社/従業員の家族葬式等がありバタバタです。
12月14日の記録を記載しました。

皆さ~ん、お元気ですか。

今回も記録を書きます。

今日、明日と仕事、掃除、お買い物とスケジュールが立て込んでいますので、簡単に記録します(ゴメンナサイ)。

Imgp1518 Imgp1519 Imgp1520 Imgp1521Imgp1522

  • Imgp1524 Imgp1525 Imgp1526 Imgp1527 Imgp1530
  •   Imgp1529 Imgp1528

12/14に裏六甲地獄谷に行きました。

メンバー;安部さん、最さん、三木さん、聖子さん、梅安さん

ルート:神戸電鉄大池集合(10:15)→地獄谷第2堰堤取付点(1105)→

 登山道出会(1445)→(アイスロード)→JR六甲(1710

アイトレを大月地獄谷でと最初の予定でしたが、調べると大月地獄谷は滝が崩れ、ダムが出来、最終はヤブコギとの情報で、交通費が高いが裏六甲/地獄谷に変更。

この寒いのに沢登りのアイトレとは、このパーティはおかしいですネ。水に濡れるのは避けるべきで、滝壺にはまるなんて、絶対に出来ない、しては駄目、無謀です!

ということです。

14日は曇り、行動中は暑いですが休憩時には寒くなるというそれなりの日でした。

水量はそれなりにあり、アイトレ/沢登りですから、水の中をジャブジャブと・・・歩きました。テクテク歩くと4mの滝が出てきます。傾斜も緩く、低いので簡単にのっこえました。その後テクテクと・・6m滝が現れました。傾斜は緩いが、登った途中に1枚岩があり、アイゼンでフリクションを効かせたところ・・効きませんでした。

ウロウロ、ピッケルを使って何とか立ち上がり登り切る。最君に登ってもらいその後のメンバーにはザイルを使用しました。

それからしばらくして5mの滝が現れました。これには驚き、滝壺から岸までゴリュジュで滝に取り付けないのです。ゴリュジュをトラバースして滑ったら滝壺ですヨ 腰まで、下手をすると胸まで浸かりそうです。

無謀登山はやめましょう。君子危うきに近寄らず。巻き道、巻き道と叫んで、巻き道を探していると、最君がおもむろにザイルを出すではないですか。エ~登るの?

そうなんです、彼は登るのです、僕が確保をしました。

滝に向かい右側を取り付きましたが、岩がもろく下りてきました。OK、OK巻きましょうと思っていると、左に取り付きました。確保していると左岸は岩がじゃまで最君のトラバースが見えませんが彼だけ登って、僕たちは巻こうと思っていると、ナント中間ビレイを採ったとのこと。誰が回収すんねん!

最君、トラバース後に予定どおり滝を登り、安部氏にザイルをひっぱておけばスリップしても大丈夫と声をかけ、安部氏もその気になりゴリュジュのトラバースに掛かりました。

体重が掛かればザイルものびるし、下手すると頭から滝壺へ、全身水まみれ と思いましたが、声をかけずに見守ることにしました。安部氏もグチりながらトラバース・・。安部氏が回収してくれたらと思ったのですが、ビレーを回収しないのです。誰が回収すんねん!

安部氏もトラバース終了。女子部にはチョット無理なので、僕が回収することに案の定なりました。安部氏のトラバースでザイルを張っていたので、左指が寒いのと重なり、5m滝で麻痺してしまいましが、みんなの期待に応えず/滝壺に落ちることなく、何とか越えましたヨ

えらい長くなっちゃいました。(この辺で終わらしたいのですが、最後に一つ)

当初の予定は杣谷峠、杣谷の予定でしたが、やっちゃいましたね。テクテク歩いているとナント「丁字ヶ辻」に出たのです。左右、東西がワカランのかとご批判があると思いますが、たまに左右、東西が分からなくなりますのでご容赦を・・。特に女子部の方々、杣谷峠にトイレがあるのですが、アイスロード、ケーブル六甲までひっぱちゃいました ゴメンナサイ!!

そろそろ、疲れてきました。最後にもう1発

Imgp1531 Imgp1532

JR六甲道でいつもの笑笑/宴会で盛り上がり、家路となりました。僕はJR六甲道から西明石まですぐなんですがー  寝てしまい目が覚めたら魚住(西明石より2つ西の駅)、

ダレヤー日本酒を飲ましたのは 家についたら篤姫/最終回はとーに終わっていました。

おしまい     記 by Baianさん 

            

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31