無料ブログはココログ

  • 高槻駅前の飲み屋にて

« 2009年10月 | トップページ

2009年11月 4日 (水)

北山公園に行ってきました!!!

 今回は久しぶりに、最くんの執筆です。
 では、最くんよろしくお願いします。
 北山公園に行ってきました。
今回の参加者は、ミキさん聖子さんと私の
3名です。
Ca3c00052 Ca3c0006 Ca3c0007 Ca3c0009 Ca3c0010 Ca3c0011 Ca3c0012 Ca3c0013 Ca3c0014 Ca3c0015 Ca3c0016 Ca3c0017 Ca3c0018 Ca3c0019 Ca3c0020 Ca3c0021 Ca3c0022
 
9時甲陽園駅に集合して、一路北山公園へ
道すがら、少し早い紅葉とキンモクセイの
ほのかな香りで、身も心も癒される気分で
公園へ到着、しかし、約30年前の記憶とは
程遠く茂みの中のボルダーて感じでした。
 まず、第一の課題はエレファントノーズの
クラックルート 5.6(写真)のジャミング
クライミングです、まずトップバッターに
ミキさんがトライ、初めてのフィンガージャム
に困惑ぎみながらもジャミングが決まり、
難なくクリアー、次に聖子さんのトライで
フィンガージャムが決まらず、金縛り状態で
も諦めずミキさんの必要なアドバイスに後押し
され何とかクリアー。
 次は、初級スラブ(左カンテルート)5.7
は、両妃ともにレイバックとスメアリング
でクリアー(恐るべし)。
 次は、火の用心のチム二ー部分を練習の為に
使用(ルート設定なし)、このルートは完全な
スクイズチム二ー(写真)で、最初に聖子さん
がトライ、ヒールトウが決まり楽々クリアー、
 次に、ミキさんは出だしからヒップが挟まっ
て身動きが取れず、しかし、上体をうまく使い
尺取虫みたいにずり上がりクリアー、
本人曰く「使える物は、すべて使うのよ」との事、
 次は、スクイズチム二ーで気を良くした聖子さ
が、アドレナリンカンテとシャークの間のチム
ニーをトライ(ルート設定なし)、しかし、これは
フレアードチムニー(写真)で、体が外にほり出
されてしまい中々旨く上がれません。
 いったんミキさんと交代してトライ、出だしで
バック&フットが決まり幸先順調に見えたが、
やはり、外に押し出されて体制が崩れだした、
 しかし、そこでダブル二ーが決まりロックオン
あとは、上体を使いパワーでクリアー、
 次に、オ・モロイヤロック(写真)とボルダー
タワーのマントリング(写真)の2ルートをクリ
アーして、初めてにしては大収穫でした。
 3時まで遊んで、次はお花畑の散策の為、
いざ植物園へ、たまにはいいですねこういうのも!
 帰りは、まだ時間が早かったので、おいしいビール
の為に、甲陽園を越えて苦楽園まで歩こうとミキさん
の提案に賛成、しかし、苦楽園を超えたところで、
夙川まで歩こうと、結局、西宮北口まで歩いてしま
いました(写真)。やっぱりワンゲルスピリッツで
しょうか?後は西宮北口の飲み屋で乾杯しました。
 アー、楽しかった。
               by  MOTTOMO

2009年11月 3日 (火)

生駒チャレンジ登山大会に行ってきました!!

今回は久しぶりに、ミキさんに記録をお願いしました。
 チョットしたアクシデントがありましたが、結果オーライでした。
 では、ミキさんの楽しい文章をお楽しみ下さい。 

  こんばんは!今回はミキが活動報告をさせて頂きます。
今回は生駒チャレンジ登山の上級コース32キロに挑戦と言うことで、
8時半私市、いつものメンバー、出張帰りで残務処理の終わらぬ梅安さんを除く4人が集結。

091025_084902 Imgp1890 091025_085001 Ca3c0023 Ca3c0024 Ca3c0025Ca3c0026  Ca3c0027 Imgp1891 Ca3c0028 Imgp1892 Imgp1893 Ca3c0029 Imgp1894
最終受付が9時までとのことでほとんどビリでの8時50分スタート。
しかし、トレイルランナーはこの後10時まで10分毎にスタートが続く為、せっかく気持ち良く、しかしシビア?なペースで歩き出したにもかかわらず、次々と後ろから来るランナーの鬱陶しいこと。
だって、23キロ地点のなるかわ園地2時の関門をクリアできなければその先の高安山までの32キロコースに進めなくなるんだもん!
そもそも、今大会、初級はむろいけ園地までの12キロ2時間30分、中級はなるかわ園地までの23キロ6時間、上級は高安山ケーブル駅までの32キロ8時間と、平地と間違ってるんとちゃうん?
と思われるような標準時間設定がなされているところを薊のメンバーは大胆にも2 3キロを1時間縮めて5時間で歩こうと言う魂胆である。
やっとたどり着いた最初の12キロ地点のチェックポイント、必死に歩いたにも拘わらず標準時間通りにしか歩けておらず軽くショック!!
あと11キロを2時間半で歩かなければならない。エネルギー源の栗饅頭をほおばり、休憩もそこそこにすぐ出発。
この分ではお昼ご飯もお預けで23キロ地点を目指さなければならない。少し歩くと生駒登山口に。
ここからは暫く、のどかな風景には不似合いな産廃業者の処理場が続き、再び生駒山への登山道へ。
この後、だらだらと距離を稼ぎ、くさか園地を経てぬかた園地にさしかかった頃、関門まで1時間半しかないことに気付く。
この時、「走りましょか?」の鶴の?誰の?一声が。
一瞬、うそやっ?と思ったが次の瞬間には走り出していた。
そのままどんどん調子に乗って?(実は私はトイレに行きたくて)走っていたら、トレイルランナー用の近道との別れ道に差し掛かる。
ここで、はぐれてしまわぬよう後続を待つことにする。すぐに安部
さんと最さんが現れたが、聖子は現れず。
安部さんが心配して様子を見に行ってくださったが暫くして「聖子さんがおらへんっ!!」と血相を変えて戻って来られる。
聖子が遭難?そうなんっ?それから3人で捜索の為、走り出した辺りまで戻る。最さんは聖子の携帯に電話をかけまくり、安部さんと私は聖子の名前を叫び、他の参加者に聖子らしい女性の目撃情報を確認したりで、どれだけ悪い状況を想像したことか。
でも何故か、焦りながらも私の中の冷静な自分は「今日は飲み会なしやなぁ?」などと不謹慎にも考えていた。
そうこうするうちに最さんに聖子から電話が。
よかった!聖子、無事なんやっ!でもどこに?えっ!もう次の2時の関門のポイントに着いてるやてーっ?
私達、いつ抜かされたん?そんなアホなっ!時計を見ると2時まであと20分。しゃーない!走らなっ!!それからとにかく走った!走った!!登りで足が上がらなくても、とにかく走り続けた!
漸く聖子の待つチェックポイントに!!2時を数分過ぎてしまったが何とかクリア!!


でも 、聖子、なんでなん?遅い昼食を食べながら反省会。
どうも聖子は先行していた私達に遅れまいと一つ手前の近道を走って先を急いだようである。
3年前の六甲縦走では梅安さん、今回の生駒山縦走では聖子を見失うと言う失敗を再び繰り返してしまった薊。
とにかく、結果オウライで片付けてはいけないが最終ゴールを目指す。
ここからは疲労はあるものの、気分的には楽に強風の中、高安山へ。ケーブル駅に着くと、「どこ行ってたん?」「何してたん?」「どこに隠れてたん?」と大勢のスタッフの方々に迎えられ、
16時29分32キロ完走!!
最終の私達が到着するや否や、バタバタとゴールの撤収が始まり、スタッフの皆さんと同じケーブルに乗って高安山を後に。
その後は鶴橋に出て、ホルモン娘の聖子と最さんのお薦めのお肉に舌鼓。やっぱり、焼き肉にはビールやねっ!アグレッシブ・ミキでした!

P.S M田先生から、当日同じコースを6時スタート、11時2分ゴールで完走したとのメー          ルが携帯に入ってましたわ。

« 2009年10月 | トップページ

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31